上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
クロス取引で株主優待のゲット及び日経225&オプションやってます。FXでのルール破りをして係長から主任に降格しました。昔は息子と「ムシキング」「恐竜キング」熱中してました。


LOVEEST

奈那子さんの記事 fx_300_55_01nanakoyomi.gif

優待ランキングページ リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは先週の結果

収益


水曜日のマイナスが全てでしたね(^_^;) 雇用統計で取り返し
て週間トータルはプラスにしましたが、ちょっと残念です。

マイナス分のうち、約半分は決めていたエントリーポイントで
エントリーしていない事につきるのですが、ただ同じことを雇
用統計で行っています。こちらは利益がでています。

「だからストップを決められたPipsで・・・」となるので
すが、あるマルチタイムインジけーターを作成してみると、そ
の原因は別の所にある事がわかりました。

これは雇用統計時の5分足チャート

ドル円


画像下段には、一目均衡表の基準線26より上なら青、下なら
赤でマルチタイム表示しています.
(表示している時間軸を含めより4つ上を表示。ここでは、
 5分 15分 30分 1時間)

雇用統計前に5分足が上昇となり、発表後 1時間足まで含め
全ての時間帯で上昇サイン。これは絶対ではありませんが、
少なくても買の強烈なサイン。

発表後の5分足終了後からでも十分に買えるサインです。

対してマイナスになった時のパターン

7月3日 ユーロドル5分足チャート

ユーロ

1時間は弱いが、15分、30分はまだ上の状態です。但し5分足
は赤、青が続く揉み合い状態。

ここで、5分上昇の判断をしてロングしたのですが、上下を繰り返し
往復ビンタ状態。

敗因は5分足でしかチャートを見ていなかった事です。
ここでは、1時間が弱い状態が長く続いてるわけですから、一気に
いったりする状況ではなく、こまめに利確。あるいは枚数減らして
1時間の上昇に期待してロングする等・・・雇用統計時とはあきら
かに戦略が違います。

もちろん雇用統計は特別ですが、テクニカルだけをとらえていれば
この局面は、一緒には出来ないことが判りました。

あえて偉そうに書かせて頂きますが(^_^;)、
「負けた原因をメンタルにしていては成長がない」と思います。

もちろんFXも含め、相場は先が判りません。
このインジケータが出すサインも確度は高いですが、過去検証して
いくと、上昇サインが出ていても下落する場合もあります。
そこで初めて、枚数や利確、損切ポイントを組み立てていくことに
なると思います。

最後にこのインジケータは、元ネタはこちらのサイトからダウンロ
ードさせて頂き、中身を改良して作成させて頂きました。
(もう4年近く更新されていないですが)

外為男のFX

ポチ! ってよろしく^^


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村




【2013/07/07 13:34】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。