上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
クロス取引で株主優待のゲット及び日経225&オプションやってます。FXでのルール破りをして係長から主任に降格しました。昔は息子と「ムシキング」「恐竜キング」熱中してました。


LOVEEST

奈那子さんの記事 fx_300_55_01nanakoyomi.gif

優待ランキングページ リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*あくまでも自分の想定です。投資は自己責任で
*各画像が見にくい場合は、クリックすると拡大表示されます。
1H.png

*値幅は 終値ー始値で計算しています。上下の髭は考慮
 していません。

上下いずれか100円以上動いた場合、圧倒的に陰線の方が
陽線に比べて本数、値幅とも大きいです。逆に100円未満
の場合は、陽線の方が本数、収益率が上回っています。

値幅は当然違いますが、ドル円、ユロ円、ユロドルでも同じ
傾向です。

昔から言われている事ですが、
1)閑散相場(ボラが低い)に売りなし
2)下落はある日突然にやってくる 
の格言を実証した結果となりました。

この結果をトレードに生かそうとして現在研究しているのは
ピボットです。逆張りが基本みたいなイメージがありますが、

PIVOT1.png


このように前日①のボラが低いと、簡単にR3を超えますし、
また下に行ったとしても簡単にS3に届く感じです。

ただし、昨日(4月25日)でみると・・・
PIVOT2.png


綺麗にR1で頭打ち、S1で反発の形になっています。

「じゃピボットって使えないやん」ではなくて、現在の私の
ように夜のスキャルトレードメインの物にとっては、生かし方
があります。

デイリーピボットは朝のオープンで値が決定されます。
朝~夜の傾向をつかむのに非常に解りやすいです。

例えば、家に帰ってきて今日の相場をチェックするときに
引け前の高値がS1にタッチしてその後だらだら下落して
いれば、ストップをS1におき、ショートのタイミングを
図ってエントリー とか。
このパターンだけではなく、一目均衡表を併用してですが、
ピボットを基本としてストップの値を決め、ユロドルで色々
とトレードして、月~木で+42P。

ピボットも使いようでなんとかなりそうな・・・そんな感じです。

<MT4より換算 来週のピボット値予測>

R3  14800
R2  14680
R1  14495
*PP 14375
S1  14190
S2  14070
S3  13885


ポチ! ってよろしく^^


にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【2014/04/26 17:16】 | 未分類
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。